スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何故、今なのか・・・。^^;

<テニス>伊達公子さん、11年半ぶりに現役復帰へ


ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!


えぇ!!!なにを今さら???

って言っちゃ失礼なんだよ、是非、頑張ってもらいたい(^^)

ヒンギスのような復活劇が期待出来るのか・・・・・・。













いやいや、冷静になって(゚∀゚)b・・・。考えてみよう。


伊達さんは私と同世代、高校時代からもちろん有名人。
当時、沢松奈緒子さんが全日本に優勝して影が一時薄くなったのものの、
その後の活躍は皆さんご存知の通り(^^)

ライジングからの早い展開に当時の相手選手は苦しんだものだが・・・。

いま、そんなのアタリマエなんだよね~・・・。

ヒンギスやチャクベターゼがまだ通用しているので展開力があれば試合にはなるけど、
本格的にツアー復帰ってのが引っ掛かりますね。







先日のエキシビでのショットです。

カラダは絞れているでしょうが、ツアー転戦できるのだろうか?
ダブルスならまだしも・・・。

ナブラチロワあたりにそそのかされたのかなって、ちょっと疑ったり(笑

とにかく今日の記者会見のコメントにも注目ですね。

まあでもまずは全日本とかに出て、杉山、森上、中村あたりに勝てないと話にならんと思うのだが・・・。



ま、結果はどう出るか分かりませんが話題としては凄く興味あることです。

応援しましょうね(^^)b

今週も 「キタ――(゚∀゚)――!!」




今週もキタ――(゚∀゚)――!!


マスターズシリーズ、パシフィックライフオープンが開幕。

錦織君、予選突破!!!



織田裕二のモノマネをする山本高広ぐらいのテンションで、

キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!


ですよ。

この大会、マスターズでも、女子のWTAツアーでも賞金額の高い、ランクの高い大会です。




しかし、1回戦は私の以前のブログ、クロアチアネタでも出た、チリッチです。

格上の相手に対してどう責めるのか楽しみだし、

仮に勝っても二回戦はまた、ネタ元、クロアチアのリュビチッチでございます。

明日、あさってには結果が出てしまいますが、

この調子で行けば、6月の全仏にはランキング100位を切って、本選ストレートイン出来そうな勢いです(@@)


いや~とにかく、ワクワクしてます。



あ、あとサフィンの応援もしなきゃね(^^;



追記:結局、錦織もサフィンも1回戦負け・・・。まだまだだね~^^;

キタ━━━ヽ(∀゚ )人(゚∀゚)人( ゚∀)ノ━━━!!

18歳、錦織がツアー初優勝 男子テニスで日本勢2人目






いや、ホント凄すぎ!!!(ノ∀`)ノ∀`)ノ∀`)ワチョーイ
今回も400,000ドルクラスの小さめの大会、ドロー運にも多少恵まれていたとはいえ、相手はブレークですよ!!!ブレーク!!!
しかも逆転!!!


松岡修造以来、16年ぶりのツアー優勝ってことですが、正直、今回のほうが凄いと思っちゃう。

今のテニス界のポイント制、ランキング動向の速さ、そして選手層の厚さ、パワー、スピード化のどれを取っても現行のほうがキツイ。
そして18才という年齢・・・。




非凡な才能と努力によって、カラダの小さい彼でもココまで出来ることを証明してくれました。

日本ランク1位が世界200位前後の今のご時勢に風穴開けるこの活躍。

彼は13歳ですでに「単身渡米」をしました。ここに錦織や修造の「強さ」があると思う。

コーチだ何だ、と言っても、親と一緒に歩く選手は海外では伸びませんよ。
周りを見てのハングリーさが足りないですからね・・・。

素人ながらに思うのですが、一藤木選手も早くから単独行動をするべきだったと思いますよ?日本に帰ってきたようですが、日本国内のサーキットでポイント稼いでから海外に行こうなんてことをやっていれば、今までの選手と変わりありません。

全日本選手権のタイトルなんていらないでしょ?

若い選手にはどんどん海外で修行してもらいたいものですね(^^;


いや~しかし。こういう活躍を見ちゃうと萌え・・・(´~`)・・・イヤ


燃えるぜ~( ゚Д゚)ノ


いや~!!!荒れたね~

オーストラリアンオープンも大詰め。

男女のシングルス決勝です。

しかし今回、絶対王者の陥落があるとは・・・。




2005年、同じ場所、全豪で準決勝でサフィンに負けました。
その後、全仏でナダルに負け、フェデラーはそれ以来、4大大会で決勝を外していないんですよね~

つまり2005年全仏後、グランドスラム10大会連続決勝。そのうち8大会を取っています。
(残りふたつは全仏のナダルに負け)

2007年度シーズンで9敗を喫し、フェデラー攻略の糸口が見えてきたかと思われましたが、よもやサーフェスの早くなった全豪でジョコビッチに3タテとは・・・。




昨年、ジョコビッチはフェデラーに1度勝ちましたが
最終戦のマスターズでボロボロだったので今大会は期待していませんでしたが
きちゃいましたね~

そしてなんと言っても驚きはフランスの新鋭、ソンガです




昨年、ウインブルドン辺りから頭角を出し始めて、今年、注目カブでしたがいきなり決勝とは・・・。

ジョコビッチとはちょいと年下ではありますが2人とも20歳そこそこ。
ソンガ、85年生まれ、ジョコビッチ87年生まれ(@@)
どんな決勝を見せてくれるでしょう?だぶん壮絶な打ち合いになると思いますよ?

ナダル戦、ループ系のナダルのフォアリターンにライジング気味でジャンプしながら突っ込み、ハードヒット!
今までその高いバウンドに苦しめられた他の選手にナダル攻略の手本を見せたような強引なプレースタイルでしたが、全身ゴムマリのような身体能力の高さは驚きです。

それをジョコビッチはどうやって交わしていくか・・・。(^^;

フランスはベテランのクレモン、ロドラ、サントロ、若手にガスケ、モンフィス、そしてソンガと選手層が厚くなってきましたね~。これからが楽しみです(^^)



さて、女子は




シャラポワVSイヴァノビッチ




となりました。エナンにまたしても勝利したシャラポワは本格化してきた感じはしますね~
イヴァノビッチには頑張ってもらいたいんですけど、嬉しかったのは準決勝にハンチュコワが
上がってきたこと。それも前半、イバノヴィッチを押す展開でした。

昨年から復活してきてまだ好調のようですね、




かわいいダニエラ(^^) 今年も頑張れ!



おまけ 





昨年末のWTAファイナルでのプレスショット
2007年度、世界女子ランキングの上位8人

左から

チャクベターゼ
イヴァノビッチ
クズネツォワ
シャラポワ
エナン
ハンチュコワ
ヤンコビッチ
ボブサップ?

です。こうしてみると女子選手のテニスウエア以外の格好って結構、花がありますよね?
でも大きいんですよ?一番小さいエナンが167cmですからね~!











                   さて、切り替えて頑張ろうね、マラット君!

やっぱり出ちゃったな~(^^;

ど~んと出ちゃいました、NEWプレステージ!
海外ではもう発売、日本では2月ぐらいからだそうです。




オーストラリアンオープンでサフィン様方、契約プロ御一行に使用させて
一気に売り込む戦略ですね~(^^;

歴代プレステージを愛用してきましたが、重くて、かつスピンのかかりにくい、従来の18×20の細かいストリングパターンの他に、
98インチバージョンで、ストリングパターンが16×19という粗い、スピンのかかりやすい
「プレステージプロ」と言う派生モデルが出るんですね~

デザイン的には???ですが、あ~打ってみたいね~

誰か買わないかな~・・・。それとも中古やNETで安く手に入れて、すぐ転売するか・・・。

マニアの心がざわつきます(笑


ちなみに・・・。






サフィンのこの写真を見ると今回もプロ使用はコスメティック(旧プレステージクラシックに最新バージョンの塗装だけしたもの)ですね~

スロートと面の付け根部分にくびれた特徴がありますのですぐに分かります。

(って、書いたものの、MIDサイズは後日詳細を確認したら形状に差が無かった(^^; くびれがあるのはプレステージプロの方、判別不能だわ~)

HEADプレステージ使用プロはサフィンやその他の選手がこうしたコスメを使うのが目立ちます。
アガシのラジカルなんかもずっと初期ラジカルのコスメでしたね。

まあそれだけ初期プレステージクラシックが名器である証拠なんですよね(^^;

あ~手放さなければ良かった~(^^;
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
フリーエリア
プロフィール

よういち

Author:よういち
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。